22倍ズームが可能、4K対応放送用レンズを富士フイルムが発売 | RBB TODAY

22倍ズームが可能、4K対応放送用レンズを富士フイルムが発売

ブロードバンド 回線・サービス

重さ約2.5kgと軽量な4Kカメラ対応放送用ズームレンズ。放送現場での手持ち撮影を考慮し、軽量・コンパクトなサイズに収めている(画像はプレスリリースより)
  • 重さ約2.5kgと軽量な4Kカメラ対応放送用ズームレンズ。放送現場での手持ち撮影を考慮し、軽量・コンパクトなサイズに収めている(画像はプレスリリースより)
  • 「FUJINON UA22x8」の主な仕様。8-176mmのズーム領域を有し、最大倍率は22倍となっており、汎用性の高いズームレンズとなる(画像はプレスリリースより)
 富士フイルムは9日、4Kカメラに対応したポータブルタイプの放送用ズームレンズを7月に発売すると発表した。

 「FUJINON UA22x8」は、最大22倍ズームが可能な8-176mmのズームレンズで、4Kカメラに対応する。重さは2.55kgと軽量で、持ち運びを想定したレンズとなる。

 レンズ制御には高解像度&高コントラストの撮影を可能にする「フローティングフォーカス方式」を採用。レンズには富士フイルム独自の多層コーティング処理「HT-EBC」(High Transmittance Electron BeamCoating)が施され、透過率や色再現性が従来製品よりも向上しているという。

 また、高解像度カメラではピントをシビアに求められるが、「フォーカスデマンド」を搭載することで高精度なフォーカス調整を可能にしている。

 富士フイルムによると、2/3インチセンサー搭載の放送用4Kカメラに対応した、光学性能を備えるポータブルタイプ放送用ズームレンズの発売は世界初。軽量、コンパクトな設計を生かし、屋内外での番組制作や報道現場での撮影に向く。サイズは直径110×全長241.5mm。重さ2.55kg。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top