「Apple Watch」の詐欺サイトが初確認……日本からも多数アクセス | RBB TODAY

「Apple Watch」の詐欺サイトが初確認……日本からも多数アクセス

ブロードバンド セキュリティ

Apple Watchの不審サイトの例
  • Apple Watchの不審サイトの例
  • Apple Watchの無料プレゼントをうたう不審サイトへアクセスした国別IP割合
  • iPhoneケースの通販詐欺サイト例
 トレンドマイクロは20日、「Apple Watch」の発売に便乗した詐欺サイトを初確認したことを発表した。「Apple Watch 無料プレゼント」を騙る不審なサイトを複数確認したという。

 これらの不審サイトは、電子メールやSNS上でのメッセージにより誘導されるとみられる。「Facebook上で特定数の利用者を招待すること」がプレゼント条件になっているものも存在した。

 日本語表示のサイトは現在確認されていないが、同社の分析では、不審サイトに対するアクセスのうち、日本国内からのアクセスが29%で、英国(48%)に次いで2位となっていた。

 あわせて、アプリ開発者が使用する「iTunes Connect」を偽装したフィッシングサイト、iPhoneケースの通販詐欺サイトといった事例が、最近確認されたとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top