H.265対応のモバイル映像中継装置「Smart-telecaster Zao」発売 | RBB TODAY

H.265対応のモバイル映像中継装置「Smart-telecaster Zao」発売

エンタープライズ その他

「Smart-telecaster Zao」筐体。重さ約900g、幅123mm×高さ160mm×奥行き46mmという小型化・軽量化に加え、28Whの省電力化を実現した(画像はプレスリリースより)
  • 「Smart-telecaster Zao」筐体。重さ約900g、幅123mm×高さ160mm×奥行き46mmという小型化・軽量化に加え、28Whの省電力化を実現した(画像はプレスリリースより)
  • 「Smart-telecaster Zao」の画質イメージ。H.265/HEVCに対応したハードウェアエンコーダ搭載で低ビットレート環境の画質を大幅に改善(画像はプレスリリースより)
 ソリトンシステムズは、携帯電話回線を利用して高画質の動画をライブ中継するモバイル映像中継装置「Smart-telecaster」シリーズの新製品「Smart-telecaster Zao」の出荷を17日から開始した。動画圧縮規格 H.265/HEVCに対応し、映像品質の向上、小型・軽量化、省電力化を実現した製品だ。

 「Smart-telecaster」シリーズは、3G、LTE、BGANなどの公衆モバイル回線を使用し、リアルタイムに高品質な映像配信を行えるソリューション。同社独自の伝送技術「RASCOW」により、揺らぎの大きいモバイル回線上でも短遅延で安定した映像伝送が可能だ。暗号化、接続認証などのセキュリティ機能も備えている。

 今回の新製品「Smart-telecaster Zao」は、新たにH.265/HEVCに対応したハードウェアエンコーダを搭載し、低ビットレート環境におけるフルHDサイズの画質が大幅に改善。さらに重さ約900gというコンパクトなボディと28Whの低消費電力を実現し、Vマウントバッテリ1つで5時間以上の稼働が可能になり、ユーザビリティも大幅に向上した。

 同社の従来モデル「Smart-telecaster HD」はテレビ局、一般企業をはじめ、警察、消防、救急などの公共機関でも利用され、ソチ五輪やサッカーブラジルW杯でも活用された実績がある。「Smart-telecaster Zao」もそれらの現場での活用が想定される。価格は200万円で、別途受信装置が必要。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

特集

page top