千葉県富津市、市内の防犯灯の90%をLED化へ | RBB TODAY

千葉県富津市、市内の防犯灯の90%をLED化へ

エンタープライズ セキュリティ

防犯灯の維持・管理の費用負担の軽減は各自治体が抱える課題の1つ。LED化はランニングコストは下がるが初期費用がネックとなる(画像はイメージ)
  • 防犯灯の維持・管理の費用負担の軽減は各自治体が抱える課題の1つ。LED化はランニングコストは下がるが初期費用がネックとなる(画像はイメージ)
  • 審査は市職員で構成する選定委員会において行なわれ、審査の過程は非公開となっている(画像は公式Webサイトより)
 千葉県富津市は23日、市内にある6,000灯の防犯灯のうち、90%にあたる5,400灯を平成27年度にLED化することを発表した。

 現在富津市では市内6,000灯の防犯灯に関わる電気代、修繕費などを全て負担しているが、LED化に関しては、主に初期費用の問題からリース方式とすることを決定した。工事期限を平成27年8月末と設定しており、3月9日まで実施業者の参加を募集している。

 事業内容は20W蛍光灯タイプの防犯灯、約5,400灯を同等クラスのLED防犯灯に変更し、契約期間を10年としたリース方式を取り入れ、契約期間中の維持管理も含めたものとしている。

 提案限度額は10年間で税込1億2千万円。実施要項や提出関係書類などは、富津市のwebページから入手することが可能となっている。
《防犯システム取材班/小菅篤》

関連ニュース

page top