いざという時にすぐ動ける簡易寝袋「着る布団&エアーマット<Sサイズ>」が登場 | RBB TODAY

いざという時にすぐ動ける簡易寝袋「着る布団&エアーマット<Sサイズ>」が登場

エンタープライズ セキュリティ

従来モデルはフリーサイズでやや大きめの仕様となっていたが、今回追加のSサイズでは身長150cmの体格にも対応した(画像は同社リリースより)。
  • 従来モデルはフリーサイズでやや大きめの仕様となっていたが、今回追加のSサイズでは身長150cmの体格にも対応した(画像は同社リリースより)。
  • 付属のA4ファイルサイズのケースにセット一式が収納可能。スペースを取らず保管でき、ラベルによる管理も簡単だ(画像は同社リリースより)。
 キングジムは人型の簡易寝袋「着る布団&エアーマット」に、Sサイズを追加して、3月6日より発売を開始する。従来の「着る布団」よりサイズを小さくしたことで、子どもや小柄な人でも着用を可能とした。

 「着る布団&エアーマット」は簡単に着脱ができ、着たままでも身動きがとれる人型の寝袋と、床の硬さや冷たさが伝わりにくいエアーマットがセットになった災害時環境改善グッズ。靴を履いたまま着ることができ、着たまま歩けるようになっている。エアーマットは約5cmの厚さの空気の層により、床の硬さや冷たさが伝わりにくく、災害時の睡眠をサポートする。災害時の帰宅困難者対策向けの商品として2014年9月より販売されているものだ。

 収納はA4ファイルサイズのケースにエアーマットを含めた一式が収まっており、オフィスや学校、避難所などさまざまな場所で保管が容易となっている。今回追加されたSサイズは身長約150cmまでの小柄な人向けとなり、子どもでも着用が可能となった。

 価格は4,500円(税別)。初年度の販売目標数は1万個を見込む。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top