「ぼくらのしまねをまもって」……島根県、エンジニアのUターンを呼びかける動画を制作 | RBB TODAY

「ぼくらのしまねをまもって」……島根県、エンジニアのUターンを呼びかける動画を制作

エンタープライズ その他

動画のワンシーン
  • 動画のワンシーン
  • 動画のワンシーン
  • 動画のワンシーン
  • 「島根のIT企業が大集結! エンジニアのための転職フェア」トップページ
 松江市出身の錦織選手の活躍、高円宮家の典子さまと出雲大社の神職・千家国麿さんの結婚などで、今年脚光をあびた島根県。一方で今年4月には人口が70万人を下回るというニュースも流れた。

 今回そんな島根県が、「ぼくらのしまねをまもって」と題する動画を作成した。味のある手書きのイラストを中心とした動画は、一見可愛らしいが、“人口減少”という大きな問題を扱っており、その緊迫感を如実に表現している内容だ。

 動画は、島根で生まれ育ったエンジニアになりたい犬の“ボク”が、エンジニア犬になるために上京し、楽しい生活を送るものの、「幸せ」のカタチに気付いて島根に戻る……、というストーリーになっている。そして人口減少を食い止め、いっしょに島根を盛り上げよう、というメッセージの最後には、イベントの告知が表示される。

 このイベントは、地方で働きたいというエンジニアを募集する「島根のIT企業が大集結! エンジニアのための転職フェア」。プログラマ、システムエンジニア、ネットワークエンジニア、プロジェクトマネージャを広く募集するもので、2015年1月18日に大阪で、25日に東京で開催の予定だ。


《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top