布袋寅泰、生演奏のイメージを光に乗せたライブ敢行! | RBB TODAY

布袋寅泰、生演奏のイメージを光に乗せたライブ敢行!

エンタメ 音楽

光の中で演奏する布袋寅泰
  • 光の中で演奏する布袋寅泰
  • 光の中で演奏する布袋寅泰
  • 『TOMOYASU HOTEI JAPAN TOUR 2014 - Into the Light - 』
  • 『TOMOYASU HOTEI JAPAN TOUR 2014 - Into the Light - 』
 ミュージシャンの布袋寅泰が11月30日、東京・渋谷のNHKホールで全国18公演となる『TOMOYASU HOTEI JAPAN TOUR 2014 - Into the Light - 』のツアーラストライブを行った。

 ライブでは、ドイツで開発された新型照明システムとともに、サウンドとライティングの融合による演出が次々に行われた。今回のライブに際して、生演奏によるイメージをさまざまな技法で立体的に表現していく照明システムを採用。エモーショナルな感情を、21世紀のテクノロジーを駆使し、ヴァーチャルではないリアル3Dな可変照明を用いて表現することを試みた。

 MCでは、今年出演した『モントルー・ジャズ・フェスティバル』でのエピソードが披露された。深夜に近い時間帯での出演で、当初は300人程度しか観客がいなかったが、布袋が作曲した映画『キル・ビル』のテーマ曲「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY」を演奏した結果、最終的には1500人以上も集まってきたという。しかし、ライブが終わった後に現地のスタッフや観客から「お前素晴らしいよ! とくに『キル・ビル』のカバー最高だったよ」と言われたとのこと。

 『TOMOYASU HOTEI JAPAN TOUR 2014 - Into the Light - 』は、10月17日から日本公演が開始されており、この日のライブで全日程を終えた。
《》

関連ニュース

特集

page top