ディズニー短編映画『愛犬とごちそう』特別映像公開! | RBB TODAY

ディズニー短編映画『愛犬とごちそう』特別映像公開!

ディズニーの短編『愛犬とごちそう』の特別映像が公開された。『愛犬とごちそう』は、映画『ベイマックス』と同時上映される短編映画だ。

エンタメ 映画・ドラマ
『愛犬とごちそう』
  • 『愛犬とごちそう』
  • 『ベイマックス』と同時上映される
 ディズニーの短編『愛犬とごちそう』の特別映像が公開された。『愛犬とごちそう』は、映画『ベイマックス』と同時上映される短編映画だ。

 『愛犬とごちそう』は、一人の男性が飼う愛犬の視点から描いた、共に分かち合う料理を通して明かされる愛をテーマとした物語。主人と一緒に食べるジャンク・フードが大好きな犬の「ウィンストン」は、毎日楽しい日々を送っていた。しかし主人が恋に落ちてからというもの、楽しかった食事の時間は一変してしまう。主人の異変を察知したウィンストンはただ一匹で街へ駆け出していく、というストーリー。

 『愛犬とごちそう』の監督はこの作品が初監督となるパトリック・オズボーン。オズボーンは、数々のアニメーション作品にアニメーターとして関わった後、『ベイマックス』でもアニメーション・チーフを務めるクリエイティブなアニメーター。ディズニー・スタジオで働く全社員へ出された「短編アニメーションのアイデアを求む!」という企画で『愛犬とごちそう』が採用され、今回、初監督の座をつかんだ。「ビッグチャンスに興奮したが、同時にディズニーの名作短編アニメーションとその輝ける歴史に、ものすごいプレッシャーを感じた」と語っている。

 アニメーター出身の監督ということもあり、犬の足と体の動きは、強いこだわりを持って描かれている。時には本物の犬をスタジオに連れてきて、他のアニメーターと共に、監督自らもその動きを細かくスケッチしたという。オズボーンは、「最近のディズニー・アニメーション作品は人間が主人公の作品が続いていたので、スタッフの半数近くが四足歩行の動物をアニメートしたことがなかった。特に足の動きが非常に複雑なので、ビデオに撮り、何度も何度も繰り返して見て研究した」と振り返る。

 『愛犬とごちそう』は12月20日から公開される映画『ベイマックス』と同時上映される。

《》

関連ニュース

特集

page top