国境なき医師団、Squareを使った募金システム「SWIPE for the world」実施 | RBB TODAY

国境なき医師団、Squareを使った募金システム「SWIPE for the world」実施

 Square(スクエア)は25日、国境なき医師団日本と共同で、今までにない新しい仕組みを使った寄付「SWIPE for the world」を都内7か所で実施することを発表した。実施期間は12月19日まで。

エンタープライズ 企業
「SWIPE for the world」ページ
  • 「SWIPE for the world」ページ
  • 寄付を行える店舗リスト
 Square(スクエア)は25日、国境なき医師団日本と共同で、今までにない新しい仕組みを使った寄付「SWIPE for the world」を都内7か所で実施することを発表した。実施期間は12月19日まで。

 「SWIPE for the world」は、Square加盟店の店舗内に設置されているSquareの募金端末に直接、寄付者がクレジットカードをスワイプすることで寄付できる仕組み。寄付の金額は100円、300円、500円、1,000円から選択可能。

 「SWIPE for the world」を利用することで、募金端末設置店舗に人を派遣することなく、現金管理コストもかけずに、寄付を受け取ることができる。また、現金喪失のリスクもないため、リアルでの募金活動がより簡単にできる見込みだ。

 寄付端末設置店舗は、浅草おと(浅草)、ALASKA vintage clothing(下北沢)、IKI-YA(明治神宮前)、牡蠣(BAR銀座)、自由が丘コンディショニングセンター(自由が丘)、Sugar Town(表参道)、hair make HANA(北千住)の7か所。なお、今回の活動を通して得られたSquareの収益(決済手数料)も、国境なき医師団日本に寄付される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top