クラッシー、来年度より学校ICT活用支援サービスを本格開始……ソフトバンクとベネッセが設立 | RBB TODAY

クラッシー、来年度より学校ICT活用支援サービスを本格開始……ソフトバンクとベネッセが設立

エンタープライズ 企業

「Classi」サイト
  • 「Classi」サイト
  • 生徒カルテのイメージ
 ソフトバンクとベネッセホールディングスは11日、両社の合弁会社「Classi」(クラッシー)について、学校教育でのICT活用をソフト・ハードの両面から総合的に支援するサービスを、2015年度から提供開始することを発表した。

 「Classi」は、学校教育におけるICT活用の推進を目的に、2014年4月4日付で設立された合弁会社。ソフトバンクグループ、ベネッセグループおよびClassiはそれぞれの強みを生かして、総合的なサービスを提案する予定だ。具体的には、小テストや宿題で活用できる問題などのコンテンツと、先生が生徒の学習状況などを記録し、面談などで活用できる各種指導用アプリケーションを提供する。これらのアプリケーションでは、先生がタブレットなどに簡単に記録・閲覧できるユーザーインターフェイスを採用する。

 ソフトバンクグループは、各学校の必要に応じて、安心安全なセキュリティシステムを備えたタブレットやクラウドサービスなどを提供。ベネッセは、全国各地区の学校担当者によるコンサルテーションを通じ、各学校に最適な提案を行う。

 すでに2014年度は、全国100校がモニターとして利用しており、2015年4月より、高校および中学校向けに正式サービスを開始する。今後、小学校や大学などにも順次拡大していく予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top