劇団ひとり、ゴッドタン映画で「今回もキスしてしまったが、いずれは我慢できる男に」 | RBB TODAY

劇団ひとり、ゴッドタン映画で「今回もキスしてしまったが、いずれは我慢できる男に」

エンタメ 映画・ドラマ

『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE2 サイキック・ラブ』舞台挨拶
  • 『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE2 サイキック・ラブ』舞台挨拶
  • テレビ東京『ゴッドタン』公式サイトより(キャプチャ画像)
 映画『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE2 サイキック・ラブ』の公開記念イベントが16日に東京・新宿で行われ、主演のお笑い芸人の劇団ひとりが、「今回もキスをしてしまったが、いずれは我慢できる男になりたい」と笑いを誘った。

 映画『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE2 サイキック・ラブ』は、テレビ東京の番組『ゴッドタン~The God Tongue 神の舌~(以下、ゴッドタン)』からの映画スピンオフ作品で、『ゴッドタン』内の人気企画「キス我慢選手権」を中心に劇場映画化されたもの。今回が2作目の映画化となる。「キス我慢選手権」は、男性お笑い芸人がセクシー女優からあの手この手のキスの誘惑にどこまで耐えられるかを競うもので、芸人とセクシー女優とのアドリブのやりとりも見どころとなっている。映画化にあたっても、この流れは踏襲されている。

 16日の映画公開を記念した前夜祭舞台挨拶には、“Mr.キス我慢”こと劇団ひとり、ウォッチングルームから壮大なアドリブ劇を見守るおぎやはぎ、セクシー女優の上原亜衣、小島みなみ、白石茉莉奈、『ゴッドタン』のプロデューサーで映画では監督を務める佐久間宣行が登場。各々が映画に対する想いを語った。

 映画で主演を務める劇団ひとりは、「監督はこの短期間での準備は大変だったと思う。爆破シーンも全部一発本番で、技術陣の活躍にも注目してほしい」と、主演者らしく監督やスタッフの苦労をねぎらった上で、「(キスを我慢する企画なのに)今回もキスをしてしまったが、いずれは我慢できる男になりたい」と述べ、会場の笑いを誘った。

 テレビ番組と同様、映画でもウォッチングルームで壮絶なアドリブを見守る役割のおぎやはぎは、小木が「ウォッチングルームといっても、何も知らないという点では俺たちもお客さんたちと同じ」というと、矢作が「もし第3弾があるときは、お客さんの中からウォッチングルームに入る人を選んだらどうか」と応じ、3作目への意欲も見せていた。

 映画『ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE2 サイキック・ラブ』は、10月17日から全国で公開されている。
《》

関連ニュース

特集

page top