広島市で外国人観光客のためのフリーWi-Fi実証実験 | RBB TODAY

広島市で外国人観光客のためのフリーWi-Fi実証実験

ブロードバンド 回線・サービス

「Hiroshima Free Wi-Fiプロジェクト」
  • 「Hiroshima Free Wi-Fiプロジェクト」
  • 多言語対応
 広島市とNTT西日本、およびNTTBPは、外国人受入環境の更なる充実を図るため、広島市中心部で、無料公衆無線LAN(フリーWi-Fi)環境拡大の実証実験を実施することを発表した。実験期間は、10月1日から来年9月30日までの1年間。

 この実験は、「Hiroshima Free Wi-Fi(ヒロシマ・フリー・ワイファイ)プロジェクト」と名付けられ、地域における外国人観光客の滞在期間中の満足度を高め、更なる観光客の増加を図る目的で行われる。

 期間中は、外国人観光客の利便性アップを狙い、「Hiroshima Free Wi-Fi」アクセスポイントが拡充される。公共施設用途と、飲食店やホテル用途の環境がそれぞれ用意され、環境に応じた接続アプリも開発される。

 加えて、アクセスポイントでは集客性の高い、画像・映像・おもてなし情報等のコンテンツが提供され、それらに付随して情報バナーの表示やクーポンのプッシュ配信も行われる。また、外国人との会話をサポートする仕組みも整えられる。

 これらの実験活動で得られた情報は、外国人観光客の利用状況や、利用に際して生の声として集計される。フリーWi-Fiを活用した外国人観光客の周遊・誘客、地域活性化に向けた取り組みとして検討されることになる。
《》

関連ニュース

特集

page top