大泉洋、「僕史上、最もイケメン」!主演映画試写会で大盛り上がり | RBB TODAY

大泉洋、「僕史上、最もイケメン」!主演映画試写会で大盛り上がり

エンタメ 映画・ドラマ

大泉洋/『ぶどうのなみだ』試写会
  • 大泉洋/『ぶどうのなみだ』試写会
  • 大泉洋&安藤裕子&三島有紀子(監督)&バベット(オールド・イングリッシュ・シープドッグ)/『ぶどうのなみだ』試写会
  • 大泉洋/『ぶどうのなみだ』試写会
  • 安藤裕子/『ぶどうのなみだ』試写会
  • 大泉洋&安藤裕子&三島有紀子(監督)&バベット(オールド・イングリッシュ・シープドッグ)/『ぶどうのなみだ』試写会
  • 大泉洋&バベット(オールド・イングリッシュ・シープドッグ)/『ぶどうのなみだ』試写会
  • 大泉洋&安藤裕子&三島有紀子(監督)&バベット(オールド・イングリッシュ・シープドッグ)/『ぶどうのなみだ』試写会
  • 三島有紀子(監督)/『ぶどうのなみだ』試写会
映画『ぶどうのなみだ』の試写会が9月30日(火)に都内で開催され、主演の大泉洋、安藤裕子、三島有紀子監督に加え、劇中に登場するオールド・イングリッシュ・シープドッグのバベットも登場し、会場は大きな盛り上がりを見せた。

『しあわせのパン』に続いて、北海道を舞台に大泉さんと三島監督がタッグを組んだ本作。夢破れて故郷に戻り、一心不乱にワイン作りを続ける男と彼の生活圏に突如として入り込んできた謎めいた女性らが織りなすドラマを北海道の自然とおいしい食事と共に描き出す。

大泉さんは本作を「すごくお腹の減る映画」と説明する。2度目となる三島監督との仕事で、前作の静かに妻を見守る男に続いて、寡黙にストイックにワインを作る男を演じたが「監督は私をとにかく“寡黙な男”にしてしまう(笑)」と語る。

さらに風景も食べ物も全てを美しくカメラで切りとるのが三島監督の特徴としつつ、「私の顔もキレイに撮りたがるんですが、それはなかなか難しいんですね。頑張ってやってるんですが…。前の日にみんなと飲みに行くと若干、顔がムクむんですが、朝、近づいてきて『また昨日、飲みましたね』と言われるんです。だから(ムクみを取るために)走ってました」とアピールする。

安藤さんは、そんな苦労の中で撮影された大泉さんの姿について「みなさんが知ることのない大泉洋が映ってます。こんなイケメン姿の大泉洋は見たことないと思います」と上映前にファンの期待を煽りに煽りまくる。大泉さんは、先ほどの発言と併せ、三島監督からは常に「カッコいいです!」とおだてられながら撮影されていたことを明かしつつも、上映前にあまりにハードルが高くなりすぎるのを危惧したのか「言っても僕なんでね…(苦笑)」とややトーンダウン。「“僕史上”最もカッコいいと思う。自己ベストは出せたかと」と条件付きでアピールし笑いを誘っていた。

映画にちなんで、最近、幸せのあまり涙を流したことは? という問いに大泉さんは「娘の話ばかりで恐縮なんですが」と全く恐縮した様子を感じさせない満面の笑みで愛娘にまつわるエピソードを披露。「娘はまだ『スパゲッティ』と言えなくて、『何食べる?』と聞くと『スカベティ』とか言うんです。親としてはそれはかわいいんですが、娘は自分がうまく言えないことを分かってて『まだどうしても言えないのー』と言うんです。それを見て切なくなって『それでいいんだよ! 言えなくていい。必ず言えるようになるから!』と涙があふれてきました」と熱く語る。

安藤さんは大泉さんのエピソードにうなずきつつ、「ウチもお腹のことを『オカナ』と言ったり、チョコのことを『コチョ食べたい!』とか言いますね」と語ったが、大泉さんは急に「業界人ですか?」と鋭くツッコミを入れ、会場は笑いに包まれた。

この日は、劇中で大泉さん演じるアオの家で飼っている犬のバベットも駆けつけた。普段「実は動物が好きじゃない」という大泉さんも「彼はいけるんですよ。中に人が入ってるんじゃないかと思う。“ふなっしー”的な…(笑)」と語り、笑顔で一緒に写真に収まっていたが、客席からの「かわいい」という声や犬を熱心に撮影するカメラマンの姿に「犬の映画と思われるんじゃ…?」と危機感を募らせていた。

『ぶどうのなみだ』は10月4日(土)より北海道にて先行公開。10月11日(土)より全国にて公開。

大泉洋、「僕史上、最もカッコいいです」とスクリーンに映る自分をアピール

《text:cinemacafe.net》
page top