NTT Com、投資家向けに銘柄をキーワード検索できる機能をトライアル提供 | RBB TODAY

NTT Com、投資家向けに銘柄をキーワード検索できる機能をトライアル提供

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 利用シーン
  • 「ストックウェザー」トップページ
 NTTコミュニケーションズ (NTT Com)は29日、個人投資家向けにニュースや興味のあるキーワードに関連する銘柄を抽出できる検索機能「関連銘柄検索API(仮称)」のトライアル提供を、ストックウェザー.comで開始した。

 ユーザーが入力したキーワードに対しインターネット上で公開されているニュース記事や企業の決算開示情報などの膨大なテキスト情報(ビッグデータ)を解析し、そのキーワードと関連度が高い多種多様な上場銘柄を瞬時に抽出するエンジンを独自開発した。企業決算開示情報(約1万件)、ニュース記事(約26万記事)、ブログ記事(約1.8億記事)、会社四季報データ(全上場企業分)、Wikipedia(全データ)を分析している。

 自身が興味のあるキーワードを検索窓に入力することで、そのキーワードが関連する企業の銘柄情報、それぞれの銘柄の関連度合いや良い影響か悪い影響かが数値化された情報を入手できる。これにより、ユーザーは自身が関連銘柄として想定していなかった銘柄情報に気づくこともあるとのこと。

 提供される情報は、入力されたキーワードと関連の高い上場銘柄一覧(最大、上位50位まで)、上記各銘柄の関連度合いが把握できる指数(総合)、上記各銘柄の関連度合いが良い影響、悪い影響かが把握できる指数(ポジ、ネガ)。東京証券取引所に上場の全3,425銘柄が対象。

 なおインターネット上のテキストビッグデータと株価データを組み合わせた、指定キーワードによる銘柄検索サービスは日本初。今回のトライアルで市場性および有効性を確認し、今後の商用化の検討を進める方針だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top