冷たいランチパック……ローソンと山崎製パンが共同開発 | RBB TODAY

冷たいランチパック……ローソンと山崎製パンが共同開発

エンタメ その他

ランチパック、カスタードホイップとあずきホイップ
  • ランチパック、カスタードホイップとあずきホイップ
  • ランチパック、パンプキンサラダとごぼうサラダ
  • ランチパック、カスタードホイップ
  • ランチパック、あずきホイップ
  • ランチパック、パンプキンサラダ
  • ランチパック、ごぼうサラダ
 ローソンは、沖縄県を除く全国のローソン店舗で、冷やして食べる「ランチパック カスタードホイップとあずきホイップ」「ランチパック パンプキンサラダとごぼうサラダ」(各185円)を26日に発売する。

 新商品は、ローソンと山崎製パンが約2年かけて共同開発した“冷やして食べる”「ランチパック」だ。1984年の「ランチパック」発売以来、冷蔵タイプの商品を販売するのは初めてだという。

 常温では使用出来なかった生クリームや、野菜の“シャキシャキ”“ホクホク”とした食感を残したサラダを入れることが可能になった。同じく常温では品質保持のために必要な、塩分や糖分を控えることもできた。また、パン生地に麦麹を入れることで、冷やしてもしっとり柔らかな食感を維持した。

 ローソンでは、今後も季節に合わせた新フレーバーを発売する予定だ。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top