沢村一樹、ビルオーナーの悩みをムード歌謡で熱唱 | RBB TODAY

沢村一樹、ビルオーナーの悩みをムード歌謡で熱唱

エンタメ その他

“節電部長”の沢村一樹
  • “節電部長”の沢村一樹
 俳優の沢村一樹が東京ガスの“節電部長”に扮し、ガス冷房のメリットや導入施設についてユーモア交え紹介するテレビCM「節電部長が行く!」シリーズの番外編として、ビル経営の最前線で日々奮闘するビルオーナーたちを応援するスペシャルコンテンツ「ビルオーナーの子守唄(ララバイ)」が東京ガス公式サイトで公開された。

 「節電部長が行く!」シリーズは2013年2月からスタート。節電部長が、社長に節電アイデアを披露する「プレゼン」篇と、ガス冷房の導入を進言するため再び社長室に向かった「リベンジ」篇の2本がこれまでにオンエアされており、公式サイトではその2本のCM動画のほかにスペシャル映像や、ガス冷房に関する「Q&A」などのコンテンツが公開されている。

 そして今回公開された「ビルオーナーの子守唄(ララバイ)」は、ビルオーナーの日々の悩みやビルをこよなく愛する気持ち、そしてガス冷房の節電・省エネ・省コスト効果を、沢村扮する節電部長がムード歌謡にのせて、情緒たっぷりに歌い上げるという内容。節電部長が歌う本編のほかにも、カラオケバージョンが用意されている。
《花》

関連ニュース

特集

page top