サムスン、新タブレットシリーズ「GALAXY Tab S」発表……10.5インチと8.4インチをラインナップ | RBB TODAY

サムスン、新タブレットシリーズ「GALAXY Tab S」発表……10.5インチと8.4インチをラインナップ

IT・デジタル モバイル

「GALAXY Tab S」8.4インチ版
  • 「GALAXY Tab S」8.4インチ版
  • 「GALAXY Tab S」10.5インチ版
  • 「GALAXY Tab S」8.4インチ版
  • 「GALAXY Tab S」8.4インチ版
  • 「GALAXY Tab S」10.5インチ版
  • 「GALAXY Tab S」10.5インチ版
 サムスンは12日(現地時間)、米ニューヨークで開催した新製品発表会で新タブレットシリーズ「GALAXY Tab S」2モデルを発表した。10.5インチ版と8.4インチ版で、それぞれLTE/Wi-Fiモデルがラインナップされる。発売は7月。価格は8.4インチモデルが399ドルから、10.5インチモデルが499ドルから。

 「GALAXY Tab S」は、10.5インチ、8.4インチ両モデルとも2,560×1,600ピクセルのSUPER AMOLEDディスプレイを採用。OSはAndroid 4.4、プロセッサはWi-FiモデルがExynos 5420(1.9GHz+1.3GHzのオクタコア)、LTEモデルがSnapdragon 801(2.26GHzクアッドコア)、メモリ3GBとハイスペックなAndroidタブレット。ストレージは16GBと32GBが用意される。カメラは800万画素/200万画素。

 「GALAXY」スマートフォンとの連携を強化したことも特長。連携アプリ「SideSync 3.0」を搭載し、WiFi経由でスマホ側の画面をタブレットに映し出すといったことが可能。スマホにかかってきた着信電話をタブレットで受けたり、タブレットから電話をかけるといったことも行える。

 ワイヤレスはIEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0、DLNA、GPS/GLONASSなども装備する。バッテリー容量は、8.4インチモデルが4,900mAh、10.5インチモデルが7,900mAh。本体サイズは、8.4インチモデルが幅125.6mm×高さ212.8mm奥行6.6mm、294g(Wi-Fiモデル)/298g(LTEモデル)、10.5インチモデルが幅247.3mm×高さ177.3mm×奥行6.6mm、465g(Wi-Fiモデル)/467g(LTEモデル)。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top