幻の国防科学雑誌『機械化』披露、小松崎茂の超兵器図解 | RBB TODAY

幻の国防科学雑誌『機械化』披露、小松崎茂の超兵器図解

 戦後のこども文化史において八面六臂の活躍を見せた異才の画家、小松崎茂の展示会「小松崎茂 幻の超兵器図解 復刻グラフィック展」が東京銀座にあるチーパズギャラリーにて開催されることが決定した。

エンタメ その他
小松崎茂/『機械化』
  • 小松崎茂/『機械化』
  • 小松崎茂/『機械化』
  • 小松崎茂/『機械化』
  • 小松崎茂/『機械化』
  • 小松崎茂/『機械化』
  • 小松崎茂/『機械化』
  • 小松崎茂/『機械化』
  • 小松崎茂/『機械化』
 戦後のこども文化史において八面六臂の活躍を見せた異才の画家、小松崎茂の展示会「小松崎茂 幻の超兵器図解 復刻グラフィック展」が東京銀座にあるチーパズギャラリーにて開催されることが決定した。

 小松崎茂は、少年誌の絵物語や表紙、プラモの箱絵で、SF空想メカ、戦車や軍艦さらに『サンダーバード』や『ウルトラセブン』などを描きボックスアートの世界を確立。東宝映画『地球防衛軍』(1957年)、『海底軍艦』(1963年)では超兵器のメカデザインも担当した。石ノ森章太郎、ちばてつや、川崎のぼる、松本零士、藤子不二雄などにも大きな影響を与えた。

 小松崎が戦前に図解画家としてデビューしたのが国防科学雑誌『機械化』だ。戦雲迫る1937年、少年向けに軍事と科学技術を啓蒙する雑誌として創刊され、1940年頃から小松崎らの創作力をもって図解を多く取り入れるようになった。刊行は陸軍省の外郭団体として設立された財団法人国防機械化協会で、山海堂出版から発売された。

 終戦前には発行が停止、進駐軍による戦犯追及を恐れた関係者は『機械化』の画稿類をすべて焼却処分し、1945年春まで刊行された六十余冊の既刊在庫もことごとく廃棄された。当時の少年読者により密かに保管された僅かばかりの蔵書だけが後世にその存在を伝えている。

 この展示会では、貴重な『機械化』実物や、拡大誌面の復刻、超兵器メカ切り抜きパノラマのジオラマ、現役クリエーターのトリビュートアート(上田信、開田裕治、小林源文)などが展示される。

 これまでに刊行された作品集や画集でも『機械化』の扱いは小さく、小松崎も多くを語ろうとしなかった。小松崎の図解の原点、二十歳代の仕事を再確認する展示会となる。


小松崎茂 幻の超兵器図解 復刻グラフィック展
●開催期間:6月23日(月)~28日(土)
OPEN時間:13時00分~19時00分
無休
●会場:MYS銀座3階チーパズギャラリー
東京都中央区銀座7-12-15MYS銀座3F
●入場料:無料
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top