NICT、量子暗号とスマホを組み合わせた個人認証システムを開発 | RBB TODAY

NICT、量子暗号とスマホを組み合わせた個人認証システムを開発

エンタープライズ セキュリティ

スマートフォンに転送された鍵による復号
  • スマートフォンに転送された鍵による復号
  • NICTが考える電子カルテへの適用例
 情報通信研究機構(NICT)は4日、量子暗号とスマートフォンを組み合わせることで、個人データ等の高い秘匿性が求められるデータの安全な伝送と、伝送後のデータの絶対安全な保存を可能とするシステムの開発に、世界で初めて成功したことを発表した。

 このシステムでは、情報理論的に絶対安全なデータ暗号化用と個人認証用の2つの鍵(共通乱数)を生成し、スマートフォンに転送・保存することで、個人データへのアクセス権設定・データの安全な保存などが可能となる。データを暗号化する範囲や運用条件に応じて暗号化用の鍵の設定を変えることもできる。これにより、データへの多様なアクセス管理を実現した。

 本技術により、クラウド上のデータ・サーバに保存された電子カルテなど、高度に秘匿すべき個人データを効率的かつ安全に管理することが可能となる見込みだ。NICTでは、その他の応用についての共同研究開発を広く募集する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top