日本市場初のESET法人向けゲートウェイセキュリティ キヤノンITS | RBB TODAY

日本市場初のESET法人向けゲートウェイセキュリティ キヤノンITS

ブロードバンド セキュリティ

日本で法人向けゲートウェイセキュリティ製品は同社初
  • 日本で法人向けゲートウェイセキュリティ製品は同社初
  • システム構成例
キヤノンITソリューションズ株式会社(キヤノンITS)は5月13日、メールセキュリティ製品「ESET Mail Security for Linux」を5月28日より販売開始すると発表した。本製品は、ESETセキュリティ ソフトウェア製品 シリーズの日本市場における新ラインアップであり、同社初の法人向けゲートウェイ製品となる。ライセンス価格は、企業向け、教育機関向け、官公庁向けが用意される。企業向けの場合、50~99ライセンスで1ライセンスあたりの新規価格が3,570円。

本製品は、SMTPサーバ上で動作する、ウイルスメールおよび迷惑メール対策のためのソフトウェア。Red Hat Enterprise LinuxやSUSE Linux Enterprise、CentOSに対応するほか、VMware、Citrix XenServer、Hyper-Vといった仮想環境にも対応する。定義ファイルと独自開発のヒューリスティックエンジンを搭載し、シンプルな構成のプログラムにより少ないシステムリソース負荷で動作、SMTPサーバの安定稼働を実現する。また、クライアント管理プログラム「ESET Remote Administrator」による一元管理が可能。

日本市場初のESET法人向けゲートウェイセキュリティ製品を発表(キヤノンITS)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top