「ウイルスに感染しました」と、Androidユーザーを騙す詐欺が出現……BBソフトが注意喚起 | RBB TODAY

「ウイルスに感染しました」と、Androidユーザーを騙す詐欺が出現……BBソフトが注意喚起

ブロードバンド セキュリティ

セキュリティアプリ詐欺の画面例
  • セキュリティアプリ詐欺の画面例
  • ネット詐欺検知数(2014年3月度)
 ソフトバンクグループのBBソフトサービスは4月10日、2014年3月度のインターネット詐欺リポートを発表した。フィッシング詐欺サイトの検知数が増加するとともに、「ウイルスに感染した」と警告して不正アプリをインストールさせる手口がAndroid搭載端末で発見された。

 このリポートは、同社の「Internet SagiWall(インターネットサギウォール)」が検出・収集した危険性の高い詐欺サイトの分析結果などを報告するものとなっている。3月度の調査によると、インターネット詐欺サイトの検知数は70万7,309件(前月比1.2%減少)。ネット詐欺の種類別では、「ワンクリック・不当請求詐欺サイト」91.0%(前月比7.8ポイント減)、「フィッシング詐欺サイト」6.8%(前月比6.0ポイント増)、「マルウェア感染サイト」0.6%(前月比0.6ポイント増)、「ボーガスウェア配布サイト」0.6%(前月比0.4ポイント増)、「ぜい弱性悪用サイト」1.0%(前月比0.8ポイント増)が検知されている。

 また今回、Android搭載端末を標的にした、偽セキュリティアプリ詐欺が検知されたという。サイトを閲覧していると、実際にウイルスに感染していなくても「ウイルスに感染しました」「スキャンしてください」などの警告メッセージが表示されるというものだ。今回確認されたのは「アダルトウェブサイトの閲覧中にウイルスに感染しました」というメッセージでユーザーを騙し、不正アプリをインストールさせようという手口だった。

 BBソフトでは、「画面が小さいスマートフォンではOSが表示している警告なのか、単にウェブページを表示しているだけなのか判別が困難」として、注意を呼びかけている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top