ソニー、6.4インチタブレット「Xperia Z Ultra」Wi-Fiモデルを4000円値下げ | RBB TODAY

ソニー、6.4インチタブレット「Xperia Z Ultra」Wi-Fiモデルを4000円値下げ

IT・デジタル モバイル

値下げされた「Xperia Z Ultra」Wi-Fiモデル。LTE版と違いワンセグ/フルセグなどは非対応となる
  • 値下げされた「Xperia Z Ultra」Wi-Fiモデル。LTE版と違いワンセグ/フルセグなどは非対応となる
  • au版の「Xperia Z Ultra SOL24」
 1月にソニーモバイルから発売された6.4インチタブレット「Xperia Z Ultra」Wi-Fiモデルが、ソニーストアで当初の51,800円から47,800円に値下げされていることがわかった。

 「Xperia Z Ultra」は、フルHDディスプレイにAndroid 4.2、2.2GHzクアッドコアCPUなどを搭載した“ファブレット”。LTEモデルとWi-Fiモデルが用意されているが、今回はWi-Fiモデルのみが直販サイトのソニーストアで4,000円値下げとなった。

 3,000mAhバッテリーを搭載、IP58レベルの防水・防塵に対応するほか、ソニー製BDレコーダーやSCEのネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne」との連携も強化。それぞれの機器で録画したテレビ番組をフルHD画質のまま、Xperia Z Ultraに転送して外出先へ持ち出して楽しめる「おでかけ転送」に対応する。家の中で使う場合は、ホームネットワーク経由でテレビ番組のライブストリーミング視聴も楽しめる。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top