ニコラ・ジェスキエール、ルイ・ヴィトンで紡いだタイムレス【14-15AWウィメンズ】 | RBB TODAY

ニコラ・ジェスキエール、ルイ・ヴィトンで紡いだタイムレス【14-15AWウィメンズ】

エンタメ フォトレポート

ルイ・ヴィトン14-15AWコレクション
  • ルイ・ヴィトン14-15AWコレクション
  • ルイ・ヴィトン14-15AWコレクション
  • ルイ・ヴィトン14-15AWコレクション
  • ルイ・ヴィトン14-15AWコレクション
  • ルイ・ヴィトン14-15AWコレクション
  • ルイ・ヴィトン14-15AWコレクション
  • ルイ・ヴィトン14-15AWコレクション
  • ルイ・ヴィトン14-15AWコレクション
「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は14-15AWコレクションを発表した。新アーティスティックディレクター、ニコラ・ジェスキエール初コレクションのテーマは「タイムレス」。

今季最注目となるランウエイショーはルーブル宮に設えられた会場で開催され、各シートにはニコラからの意気込みがつづられた手紙が用意された。ショーは、ブラインドが上がり、外光を取り込んで清々しくスタートした。

トップ・パンツは細身のシルエット。袖が細くニコラらしい。ワンピースやジャケットの切り替えや配色も彼らしいデザインだ。ウエストは高めで絞られ60年代の雰囲気。素材にエキゾチックレザー、フェイクレザー、スパンコール・金糸刺繍、リブ編み、ツイードなどクラシック・フューチャリスティック様々な素材が用いられ、タイムレスなスタイルを紡ぎ上げる。

スカートは膝上丈で統一。フレアが程よく揺れるトラペーズラインにはパッチポケットがアクセントとなる。また、スパイラル状に切り替えた型も登場。一部にプラスチックを縫い付け、クロコダイルレザーのように見える。タイトスカートは斜めにスラッシュされ、異素材で切り分けられた。

バッグはユニークなデザインが続々と登場。片側ハンドルのみのハンドバッグやトランクを縮小したポシェット、フタを互い違いに配したクラッチなど、どれも目を引いた。

ショー終了後、顔を見せたニコラには盛大な拍手が贈られた。
《編集部》

関連ニュース

特集

page top