NTTドコモ、7型Androidタブレット「MEDIAS TAB UL N-08D」で不具合改善のソフト更新 | RBB TODAY

NTTドコモ、7型Androidタブレット「MEDIAS TAB UL N-08D」で不具合改善のソフト更新

IT・デジタル モバイル

不具合改善のため、7型Androidタブレット「MEDIAS TAB UL N-08D」でソフト更新
  • 不具合改善のため、7型Androidタブレット「MEDIAS TAB UL N-08D」でソフト更新
 NTTドコモは3日、7インチAndroidタブレット「MEDIAS TAB UL N-08D」(NEC製)向けに、不具合改善のための最新ソフトウェアアップデートを開始した。

 不具合は、特定のウェブページをブラウザで閲覧中、まれにブラウザが強制終了する場合があるというもの。アップデートは端末本体で自動と手動とで行え、自動の場合はあらかじめ設定した時間(デフォルトは午前2時~午前5時)に書換えを行う。手動の場合はアプリケーション一覧画面で、「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」を選択し、画面の案内に従って操作を行うことで即時更新が可能。アップデートにかかる時間は約4分。

 「MEDIAS TAB UL N-08D」は、2012年秋モデルとして発表された7インチ液晶のタブレット。OSはAndroid 4.0、1.5GHzデュアルコアプロセッサ、1GBメモリ、16GBのストレージを搭載する。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top