広い範囲で大雪……西日本は14日にかけて、東日本は14日から15日にかけて | RBB TODAY

広い範囲で大雪……西日本は14日にかけて、東日本は14日から15日にかけて

ブロードバンド テクノロジー

首都圏の雪(2月8~9日)
  • 首都圏の雪(2月8~9日)
  • 首都圏の雪(2月8~9日)
  • 首都圏の雪(2月8~9日)
  • 首都圏の雪(2月8~9日)
 西日本はこれから14日にかけて、東日本は14日から15日にかけて広い範囲で雪が降り、山地を中心に平野部でも大雪となるおそれがある。気象庁予報部が13日午後、発表した。気象庁は、大雪に警戒し、強風や高波に注意するよう呼びかけている。

 気象庁によると現在、九州の標高の高いところを中心に雪が降っており、積雪している。これから西日本、東日本の広い範囲でも雪が降るという。山地を中心に大雪となり、平野部でも大雪となるおそれがある。14日18時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、関東甲信地方:40センチ、四国地方、近畿地方、東海地方:20センチ、九州北部地方(山口県を含む):15センチ。その後も降雪量は増える見込みだ。

 強風・高波については、14日にかけて、西日本から北日本の広い範囲で風が強まる見込み。太平洋側の海上を中心に非常に強い風が吹き、海はしけそうだ。
《高木啓》

関連ニュース

page top