ネットワールド、SDN管理ソフト「Anuta nCloudX」最新版をクラウド事業者向けに発売 | RBB TODAY

ネットワールド、SDN管理ソフト「Anuta nCloudX」最新版をクラウド事業者向けに発売

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

動的サービスプロビジョニング画面
  • 動的サービスプロビジョニング画面
  • IPアドレス管理機能画面
  • サービスオーダーワークフロー画面
  • テンプレートスクリプト機能画面
 ネットワールドは1月15日、クラウド(IaaS)事業者向けに、SDN管理ソフトウェアの最新版「Anuta nCloudX 2.0」の販売を開始した。既存のネットワーク機器をそのまま使い、ソフトウェアでネットワークの構成・制御を柔軟に行うことが可能。

 「Anuta nCloudX」は、米Anuta Networks社の製品で、スイッチやルーター、負荷分散機器、ファイアウォールなどの既存のネットワーク機器をそのまま使えるのが特長。グラフィカルな画面でネットワーク機器を抽象化したアイコンにより、ネットワークサービスを設計してカタログ化し提供することが可能。ユーザーがREST APIを使って、カタログから選んだサービスを指定すると、それを提供するための各種ネットワーク機器の設定を「Anuta nCloudX」が自動的に実行する。

 最新版「Anuta nCloudX 2.0」は、「Juniper SRX」(ジュニパーネットワークス)、「BIG-IP Local Traffic Manager」「VIPRION」(F5ネットワークス)、「Brocade MLX/VDX」(ブロケード コミュニケーションズ システムズ) など、対応するネットワーク機器を拡充。また、連携可能なクラウドプラットフォームとして、従来の「VMware vCloudDirector」の他に、オープンソースの「CloudStack」と「OpenStack」が追加された。

 さらに、米ブリティッシュコロンビア大学、大手サービスプロバイダー、金融機関など海外の大手ユーザーからの要望に応えて、新たに、テンプレートスクリプト機能、IPアドレス管理機能、サービスオーダーワークフロー、動的サービスプロビジョニングなどが拡充されたとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top