全天球ボール型カメラ「Panono」、総画素数を1億800万画素へ改良 | RBB TODAY

全天球ボール型カメラ「Panono」、総画素数を1億800万画素へ改良

 独Panonoは、360度×360度の光景を投げて撮影する全天球ボール型カメラ「Panono」のカメラ機能について、これまで計画した7200万画素から1億800万画素へ改良すると発表した。

IT・デジタル デジカメ
全天球ボール型カメラ「Panono」、2014年10月から12月に販売開始を目指している
  • 全天球ボール型カメラ「Panono」、2014年10月から12月に販売開始を目指している
  • 撮影例。放り投げて最上部にきたときに撮影される
  • 撮影例
  • 撮影例
 独Panonoは、360度×360度の光景を投げて撮影する全天球ボール型カメラ「Panono」のカメラ機能について、これまで計画した7200万画素から1億800万画素へ改良すると発表した。

 「Panono」は、360度×360度の全方位イメージを高画質でパノラマ写真を撮影することができるグレープフルーツ大の全天球ボール型カメラ。2014年10月から12月に販売開始を検討しており、現在、来年1月前半までの期間限定で、クラウドファンディング「Indiegogo.com」による資金提供を呼びかけて製品化を目指している。

 今回、解像度を引き上げることが可能なカメラモジュールを導入することにより、総画素数を1億800万画素へ改良が可能になった。

 「Panono」は、内蔵されている36個のカメラが最高点に達したところで作動し、その瞬間のパノラマ写真を撮影。画像は「Panono」アプリをインストールしたモバイル端末にワイヤレス送信され、携帯端末上で操作・閲覧できる。本体サイズは直径が110mmの球形で、重量は300g。材質は硬質透明プラスチックで、固定焦点カメラが36個内蔵される。予価は599ドル。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top