NTTドコモ、「Xperia Z1 SO-01F」で「docomo ID」認証本格導入……遠隔初期化など機能強化も | RBB TODAY

NTTドコモ、「Xperia Z1 SO-01F」で「docomo ID」認証本格導入……遠隔初期化など機能強化も

IT・デジタル モバイル

「docomo ID」認証本格導入や遠隔初期化など機能強化が図られる「Xperia Z1 SO-01F」
  • 「docomo ID」認証本格導入や遠隔初期化など機能強化が図られる「Xperia Z1 SO-01F」
 NTTドコモは16日、Androidスマートフォン「Xperia Z1 SO-01F」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)向けに最新ソフトを提供した。「docomo ID」認証の本格導入に対応する。

 「docomo ID」認証の本格導入対応により、同機でdocomo IDを設定することが可能になる。docomo ID設定により、対応するサービスアプリでのdocomo ID入力が不要になる。対応アプリのうち、「ドコモ電話帳」「iコンシェル」「データ保管BOX」「ケータイデータお預かりサービス」「ドコモクラウド設定」「docomo Application Manager」といったアプリは自動的に更新されるが、「ドコモ電話帳」「iコンシェル」「データ保管BOX」「ケータイデータお預かりサービス」「ドコモクラウド設定」「docomo Application Manager」はユーザー自身でアップデートすることが必要。

 そのほかWi-Fiオプションパスワードがdocomo IDに統合される。Wi-Fiで上記のアプリを使用する場合は、docomo IDを設定する必要がある。

 また、端末を紛失した際などに、PC(My docomo)から回線を指定して、遠隔操作で端末初期化およびSDカードのデータを消去できる遠隔初期化、新「ドコモバックアップアプリ」の提供、伝言メモ、電池の消費を抑えるSTAMINAモードなどに対応するなど、機能強化が図られる。

 アップデートは端末本体とPC経由との2通りが用意。更新時間は本体が約15分、PC経由が約35分となっている。更新通知は順次行っているが、通知が来る前でもバージョンアップは実施できるとしている。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top