攻撃が行われた場合の影響が大きい…12月セキュリティ情報 マイクロソフト | RBB TODAY

攻撃が行われた場合の影響が大きい…12月セキュリティ情報 マイクロソフト

ブロードバンド セキュリティ

緊急に分類された5件
  • 緊急に分類された5件
  • IPA「Microsoft 製品の脆弱性対策について(12月)」ページ
 日本マイクロソフトは12月11日、2013年12月の月例セキュリティ情報を公開し、更新プログラムの配信を開始した。

 今回公開されたセキュリティ情報は、「緊急」5件、「重要」6件の計11件。「Microsoft Graphics Componentの脆弱性により、リモートでコードが実行される(2908005)」「Internet Explorer用の累積的なセキュリティ更新プログラム(2898785)」「Windowsの脆弱性 により、リモートでコードが実行される(2893294)」「Microsoft Scripting Runtimeオブジェクト ライブラリの脆弱性により、リモートでコードが実行される(2909158)」「Microsoft Exchange Serverの脆弱性により、リモートでコードが実行される(2915705)」の5件が緊急に分類されている。いずれも悪用された場合、第三者によってリモートでコードを実行される可能性がある。

 IPA(情報処理推進機構)では、「攻撃が行われた場合の影響が大きい脆弱性である」としており、できるだけ早急に修正プログラムを適用するよう呼びかけている。修正プログラムの適用方法には、Microsoft Updateによる一括修正の方法と、個別の修正プログラムをダウンロードしてインストールする方法がある。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top