OpenStackとSDNを一度に論じる…「OKINAWA Open Days 2013」 12月12-13日 | RBB TODAY

OpenStackとSDNを一度に論じる…「OKINAWA Open Days 2013」 12月12-13日

 一般社団法人沖縄オープンラボラトリは12月12~13日の2日間、次世代ICT基盤技術の実用化や普及を目的とするイベント、「OKINAWA Open Days 2013」を沖縄県那覇市で開催する。

ブロードバンド ウェブ
OKINAWA Open Days 2013
  • OKINAWA Open Days 2013
  • 沖縄オープンラボラトリ
 一般社団法人沖縄オープンラボラトリは12月12~13日の2日間、次世代ICT基盤技術の実用化や普及を目的とするイベント、「OKINAWA Open Days 2013」を沖縄県那覇市で開催する。

 イベントは、12日は「OpenStack Day」、翌13日は「SDN Japan」と、二つの注目技術に関するフォーラムから構成されている。これまで、それぞれ単独でのイベントは何度も行われているが、今回は両方の技術や関連テーマに関する講演や議論を一度に聴講できる場となる。

 現在、クラウドコンピューティングやスマートデバイスの普及といった新たなICT技術の台頭により、ビジネス環境にさらなる生産性向上や革新が実現される時代となった。次世代クラウド基盤を支えるオープンソースソフトウェアであるOpenStackや、新たなネットワーク技術として期待されるSoftware-Defined Networking(SDN)についても、実用化や本格的な商用サービスを視野に入れ、研究開発活動が行われている。

 今後、クラウド技術とネットワーク技術がひとつに融合されることで、全く新しいICT利用環境が実現される可能性がある。「OKINAWA Open Days 2013」は、それぞれの現状を理解し、これからを展望する機会となるだろう。

 また、それぞれ前日の夜の前夜祭では、関連するオープンソースプラットフォーム(OpenStack、Open VSwitch、OpenFlowController、Vyattaなど)に関わっているエンジニアによるBOF、およびハッカソンも開催される。第一線のエンジニアと直接意見交換ができる機会だ。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top