「Windows Azure BizTalkサービス」「Windows Azure Traffic Manager」、正式運用が開始 | RBB TODAY

「Windows Azure BizTalkサービス」「Windows Azure Traffic Manager」、正式運用が開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

Windows Azureロゴ
  • Windows Azureロゴ
  • 「Windows Azure BizTalkサービス」ロゴ
  • 「Windows Azure Traffic Manager」ロゴ
  • 「Windows Azure BizTalkサービス」料金の詳細
  • 「Windows Azure Traffic Manager」料金の詳細(DNSクエリ単位)
 日本マイクロソフトは11月22日、パブリッククラウドサービスWindows Azureの「Windows Azure BizTalkサービス」と「Windows Azure Traffic Manager」の正式な運用を開始した。

 「Windows Azure BizTalkサービス」は、高い性能を備えたシンプルなクラウドベースの統合サービス。Business-to-Business(B2B)機能を備えており、エンタープライズ アプリケーション統合(EAI)、クラウドベースのEDI(電子データ交換)、ハイブリッド アプリケーションの開発などに活用できる。

 BizTalkサービスは、さまざまな機能およびユニットを備えた、「デベロッパー」「基本」「標準」「プレミアム」という4つのレベルで提供される。なお2013年12月31日までは、キャンペーン プレビュー料金が適用される。

 一方「Windows Azure Traffic Manager」は、(同一データセンターで実行されているか、世界各地に点在するデータセンターで実行されているかに関係なく)複数のWindows Azureホステッド サービス間で着信トラフィックを負荷分散できるサービス。トラフィックを効果的に管理することにより、アプリケーションの高い可用性を確保し、応答性の高いアプリケーションを実行可能となる。

 負荷分散の方法としては、「パフォーマンス」「フェールオーバー」「ラウンド ロビン」の3種類が用意されているとともに、SLAによる99.99%の可用性が保証されている。2013年12月31日まではキャンペーン料金として引き続き無料で利用可能(2014年1月1日より一般提供料金が適用される)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top