ソフトバンク、最新Androidスマホを「実質0円」で購入できるキャンペーンを実施 | RBB TODAY

ソフトバンク、最新Androidスマホを「実質0円」で購入できるキャンペーンを実施

ブロードバンド 回線・サービス

「AQUOS PHONE Xx 302SH」
  • 「AQUOS PHONE Xx 302SH」
  • 「ARROWS A 301F」
  • キャンペーンページ
 ソフトバンクモバイルは22日、冬モデルの最新スマートフォン「AQUOS PHONE Xx(ダブルエックス) SoftBank 302SH」(シャープ製)および「Arrows A(エース) SoftBank 301F」(富士通モバイルコミュニケーションズ製)が実質0円から購入できる「冬スマキャンペーン」を、両機種の発売にあわせて12月上旬に実施すると発表した。

 同キャンペーンは、MNPを含む新規契約で「AQUOS PHONE Xx 302SH」または「Arrows A 301F」を購入すると、本体の実質負担額が0円からになるというもの。キャンペーン適用には、パケットし放題フラット for 4Gの加入および25ヵ月間の契約が必要。

 また、発売に先立ち、「AQUOS PHONE Xx 302SH」および「Arrows A 301F」の事前予約受付を本日から開始。発売前日までに予約した場合、予約特典としてソフトバンクポイントのプレゼントを実施する。付与されるポイントは、機種によって異なり、「AQUOS PHONE Xx 302SH」であれば10,000ポイント、「Arrows A 301F」であれば3,000ポイント。MNP、新規契約、機種変更のいずれかで、発売日前日までに予約し、12月19日までに購入することが条件となる。

 「AQUOS PHONE Xx 302SH」は、ソフトバンクモバイル2013年~2014年冬春モデルのフラッグシップモデルにあたる。ディスプレイは5.2インチフルHD(1,080×1,920ピクセル)。デザイン面で左右と上部の筐体部とディスプレイ部の境を限りなく薄くした3辺狭額縁設計を採用しており、ディスプレイ占有率80.5%を実現。通信面では従来のSoftBank 4G(AXGP)に加え、SoftBank 4G LTE(FDD-LTE)を利用できる「Hybrid 4G LTE」に対応した。

 OSはAndroid 4.2、プロセッサは2.2GHzクアッドコアのMSM8974、メモリ2GB、ストレージは32GBを内蔵する。英語の文章や単語にカメラをかざすと、日本語に変換して表示できる「翻訳ファインダー」も搭載した。防水(IPX5/IPX7)、NFC、フルセグ、おサイフケータイ、テザリング、GPS、赤外線通信といった機能を装備。バッテリは2,600mAh、ワイヤレスはIEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0に対応する。本体サイズは幅70×高さ132×奥行9.9(暫定値)、重さ約147g(暫定値)。ボディカラーはラピスブルー、ホワイト、ブラック、ピンクが用意される。

 「Arrows A 301F」は、ディスプレイに5インチフルHD(1,080×1,920ピクセル)液晶、OSにAndroid 4.2、プロセッサは2.2GHzクアッドコアのMSM8974、メモリ2GB、ストレージは64GBを内蔵。10分の充電で1日使用できる超急速充電に対応。「ヒューマンセントリックエンジン」により利用状況に最適化した省電力化を自動で行い、フル充電時で3日間の利用が可能だとしている。こちらも、従来のSoftBank 4G(AXGP)に加え、SoftBank 4G LTE(FDD-LTE)を利用できる「Hybrid 4G LTE」に対応。

 指定した電話帳や写真などを非表示にする「プライバシーモード」を、長押しでできるようにするなど、富士通独自の「スマート指紋センサー」もバージョンアップした。ワイヤレスはIEEE 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0に対応。そのほか防水(IPX5/IPX8)、NFC、おサイフケータイ、フルセグ(同梱のテレビケーブル使用)、GPS、テアリングといった機能を装備する。バッテリは2,600mAh、本体サイズは幅70mm×高さ141mm×奥行10.3mm(暫定値)、重量は157g(暫定値)。カラ^はコンフォートホワイト、ブラック、ピンクの3色が用意される。
《白石 雄太》

関連ニュース

特集

page top