NTTドコモ、「GALAXY S III α SC-03E/SC-06D」でアップデート提供 | RBB TODAY

NTTドコモ、「GALAXY S III α SC-03E/SC-06D」でアップデート提供

IT・デジタル スマートフォン
「GALAXY S III α SC-03E」
  • 「GALAXY S III α SC-03E」
  • 「GALAXY S III SC-06D」
 NTTドコモは28日、Androidスマートフォン「GALAXY S III α SC-03E」「GALAXY S III SC-06D」の不具合改善や新機能追加のためのソフトウェア提供を開始した。

 不具合は、両機種に共通するものとして、不在着信がないにもかかわらず「ダイヤル」アプリのアイコン上に不在着信数が表示される場合があるというもの。また、「GALAXY S III SC-06D」は、dビデオをストリーミング再生している際にまれに映像が遅延する場合があるという不具合も明らかになった。

 共通の変更点として、「緊急通報」画面に選択表示される緊急通報番号(110番、119番、118番)が削除される。緊急通報番号(110番、119番、118番)に発信する場合、「緊急通報」画面のダイヤル画面より該当の番号を入力する。このほか、「GALAXY S III SC-06D」には「Play ゲーム」アプリがプリインストールされる。

 自動アップデートには対応しておらず、手動で行う必要がある。端末本体とPC経由と2方法が用意されており、端末本体の場合は「本体設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」と選択し画面の案内にしたがって操作、PC経由の場合は専用アプリ「Samsung Kies」を利用する。更新時間は「GALAXY S III α SC-03E」の端末本体が約2分、PC経由が約11分。「GALAXY S III SC-06D」の端末本体が約6分、PC経由が約12分。「GALAXY S III SC-06D」の場合は、あらかじめAndroid 4.1にバージョンアップしておく必要がある。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top