【CEATEC 2013 Vol.19】パイオニアのビッグデータビジネスも始動 | RBB TODAY

【CEATEC 2013 Vol.19】パイオニアのビッグデータビジネスも始動

ブロードバンド テクノロジー

パイオニアブース
  • パイオニアブース
  • 年内にモバイルテレマティクスセンターを構築予定
  • プローブカーの情報をB向けにも活用
  • ビッグデータ利用の例
  • ビッグデータ利用の例
 プローブカーの情報を集めて災害時や渋滞・交通情報に活用する取組みは、通常自動車メーカーが自社のカーナビとインフォマティクスサービスをプラットフォームとするものか、バス・タクシー会社などが業務車両管理などだ。

 パイオニアは国内で唯一カーナビメーカーとして独自のインフォマティクスサービスとプローブカーを走らせているメーカーだ。スマートループと呼ばれるこのサービスは、これまでユーザーに対して行われていた。渋滞情報やスポット情報の共有、さらには車載カメラ映像の道路状況の画像共有などである。

 パイオニアでは、スマートループによって収集した情報を解析し、そのデータを企業や自治体などB向けのサービスとして年内をめどに提供を開始するという。そのため、モバイルテレマティクスセンターを構築し、スマートループプラットフォームとリンクさせる。

 モバイルテレマティクスセンターでは、新たにスマートフォンなどのアプリを充実させ、情報提供および収集の幅も広げる。アプリは同社が提供するナビアプリが基本となるが、パートナーとなるドコモのアプリプラットフォームとも連携するとのことだ。また、モバイルテレマティクスセンターのアプリプラットフォームはサードパーティにも開放し、エコシステムの構築も目指す。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top