BIGLOBE、仮想データセンターで社内システムを構築……約10分でインフラ構築 | RBB TODAY

BIGLOBE、仮想データセンターで社内システムを構築……約10分でインフラ構築

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
会員認証基盤管理システム(イメージ)
  • 会員認証基盤管理システム(イメージ)
 NECビッグローブ(BIGLOBE)は12日、自社のデータセンターを、サーバリソースとネットワークリソースの双方をソフトウェアで制御する「仮想データセンター」化したことを公表した。サーバはすでに仮想化されていたが、ネットワークも仮想化し、4月より運用を開始した。

 BIGLOBEでは本基盤を活用し、「会員認証基盤管理システム」「性能監視システム」などの社内システムを構築。インフラ(サーバ・ネットワーク)構築期間は、約2週間から約10分へと大幅短縮されたという。ネットワークの仮想化にあたっては、OpenFlowとVXLANを組み合わせてSDN(Software-Defined Networking)化した他、サーバとネットワークを一括制御するためのクラウドコントローラー「momiji」を、オープンソースを活用して独自開発した。

 「会員認証基盤管理システム」では、目的ごとにデータベースへのアクセス経路を細分化し、不正なアクセスや攻撃から重要なデータを守る管理システムを新規に構築。会員情報やアクセスログ、課金情報といった情報に対するアクセスをネットワークのレイヤで分割し、さらにファイアウォール機能でアクセスコントロールする複雑なネットワークを仮想ネットワークで実現した。

 「性能監視システム」では、BIGLOBEデータセンター内のサーバやネットワーク機器のトラフィック量、CPU利用率、装置の故障などを監視し、データセンターの安定した運用を維持するためのシステムを増強。今後は、すべての「性能監視システム」を仮想化したBIGLOBEデータセンター上に移行していく予定となっている。

 この他にも、ストレージやネットワークの性能監視システム、設定自動化システム、業務システムなどを構築・再構築したとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top