ヤマハ、Office 365を活用した情報基盤を大規模導入……31ヵ国・1万2千人の社員が対象 | RBB TODAY

ヤマハ、Office 365を活用した情報基盤を大規模導入……31ヵ国・1万2千人の社員が対象

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

日本電気と日本マイクロソフト「コミュニケーション・コラボレーションソリューション」の概要
  • 日本電気と日本マイクロソフト「コミュニケーション・コラボレーションソリューション」の概要
  • 「コミュニケーション・コラボレーションソリューション」活用ジャンル
 ヤマハは27日、ワークスタイル変革の一環として、日本マイクロソフトのクラウドサービス「Office 365」を活用したグローバル情報基盤を導入することを発表した。グローバル31ヵ国約1万2千人の社員が対象で、本年12月から稼働開始予定。

 ヤマハでは、従来Lotus Notesを用いた情報基盤を利用していた。今回の刷新にあたっては、企業利用における運用のし易さ、中国からの利用に実績がある、Officeとの親和性が高い、といった項目が検討され、Office 365が選ばれたとのこと。

 日本電気がOffice 365の導入、グローバルにおける24時間365日の多言語サポートなどを実施する。またヤマハの自社製品である会議用マイクスピーカー「PJPシリーズ」を活用し、クリアな音声による遠隔会議を実現する予定。

 日本電気と日本マイクロソフトは2012年4月から、大企業向けにクラウド事業での戦略協業の具体的な取り組みとして、「コミュニケーション・コラボレーションソリューション」の共同開発および拡販を行っており、ヤマハへのシステム提供は、その成果の1つとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top