NTT西、不正遠隔操作対策に特化した「セキュリティ機能見張り番」提供開始 | RBB TODAY

NTT西、不正遠隔操作対策に特化した「セキュリティ機能見張り番」提供開始

ブロードバンド セキュリティ

「セキュリティ機能見張り番」の概要
  • 「セキュリティ機能見張り番」の概要
  • サービスイメージ
  • 主な提供機能
  • 動作要件(2013年8月1日現在)
 西日本電信電話(NTT西日本)は30日、パソコンへの不正な遠隔操作による情報窃取やなりすましを防止するサービス「セキュリティ機能見張り番」を発表した。フレッツ光契約者向けに8月1日から提供を開始する。

 本サービスはオプティムのOptimal Guardの技術を活用。対応パソコンに専用ツール「見張り番」をインストールすることで、「遠隔操作監視・制限」機能、「キーロガー検知・制限」機能、「掲示板サイト投稿内容の監視」機能を実現するもの。パソコン画面が遠隔操作により不正に閲覧されそうになると、アラート画面によって通知する。また、ブラウザから送信されるPOST(掲示板サイト等への投稿)の内容を監視し、不適切な内容であれば警告を表示する。

 月額利用料は税込199.5円/1ライセンス。ライセンス数は、フレッツ光1契約に付き、50ライセンスまで利用可能。西日本エリア(富山県、岐阜県、静岡県以西の30府県)での提供で、「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」「フレッツ・光プレミアム」ユーザー向けとなる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top