【ネット選挙】仮想空間にも各党のアバターが登場……「アメーバピグ」特別企画 | RBB TODAY

【ネット選挙】仮想空間にも各党のアバターが登場……「アメーバピグ」特別企画

ブロードバンド ウェブ

Amebaに各党のアバターが登場
  • Amebaに各党のアバターが登場
  • 仮想空間でもアバターが街頭演説(イメージ)
  • 「参議院選挙2013」PC版画面
  • 「Ameba政治家ブログ」ページ
 サイバーエージェントは2日、同社が運営する「Ameba」において、特設サイト「参議院選挙2013」をオープンした。またアバターコミュニティサービス「アメーバピグ」において、仮想空間での政治活動を支援する新たな取り組みも発表した。

 「Ameba」では、政治家のオフィシャルブログ開設支援を積極的に行っており、現在、参議院選挙候補者の3分の1にあたる約120名が「Ameba」オフィシャルブログを開設している。特設サイト「参議院選挙2013」では、これらの候補者によるオフィシャルブログの更新情報やトピックスの紹介、政治や選挙に関する基礎知識やネット選挙における注意点などを分かりやすく解説する啓発コンテンツ、「Ameba」の利用者を対象にしたアンケート調査発表などを行っていく。

 「アメーバピグ」では、仮想空間の街のなかに選挙カーや政党党首などが、アバターとして登場し、党のスローガンなどのメッセージを発信したり、オリジナルTシャツやうちわのアイテムを配布するといった取り組みを行う(アバターは自動操作による)。参議院選挙の公示日である7月4日に、「アメーバピグ」上の渋谷の街に、自由民主党、民主党、公明党、日本維新の会、 各政党の選挙カーや党首が登場し、1,500万人以上いるアメーバピグの利用者に対して、呼びかけを行う予定。

「参議院選挙2013」PC版: http://seiji.ameba.jp/upperHouse2013
「参議院選挙2013」スマートフォン版: http://s.seiji.ameba.jp/upperHouse2013
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top