ソニー『SmartWatch 2』を発表……手首でスマホを操作 | RBB TODAY

ソニー『SmartWatch 2』を発表……手首でスマホを操作

IT・デジタル モバイル

ソニー『SmartWatch 2』
  • ソニー『SmartWatch 2』
  • ソニー『SmartWatch 2』
  • ソニー『SmartWatch 2』
  • ソニー『SmartWatch 2』
  • ソニー『SmartWatch 2』
  • ソニー『SmartWatch 2』
  • ソニー『SmartWatch 2』
  • ソニー『SmartWatch 2』
 ソニーモバイルコミュニケーションズは、携帯通信関連の国際展示会「Mobile World Expo 2013」(中国・上海)に先駆けて行ったプレスカンファレンスにおいて、『SmartWatch 2』を発表した。

 『SmartWatch 2』は、時計とAndroidアプリのインターフェイスの両方の機能をもつ。Androidスマートフォンの“セカンド画面”であり、従来の電話の機能を拡張する。

 『SmartWatch 2』は、全画面タッチパネル対応の有機ELディスプレイを搭載し、Xperiaスマートフォンと連携することで、リアルタイムでの情報の確認や簡単なメッセージの発信など、さまざまな機能を手元で操作できる、NFC(Near Field Communication)を搭載したモバイル端末だ。

 拡張性は『SmartWatch 2』の大きな特徴のひとつだ。必要に応じてアプリを搭載することで、それぞれのユーザーがカスタマイズできる。『SmartWatch 2』では、手首を触ることで電話をかける、スマートフォンを遠隔操作して写真を撮影する、プレゼンテーションを遠隔操作する、移動経路を地図に記録する、あらかじめダウンロードしたメールをオフラインで読む、フィットネス情報を記録する、といったことが可能だ。音楽プレーヤーを操作することも、もちろんできる。

 スマートフォンユーザーは、日に何度も、メッセージを読み、時刻をチェックし、ソーシャルメディアを見てアップデートし、アプリを利用し、写真を撮り、音楽を聞き、ゲームを楽しむ。『SmartWatch 2』ユーザーはこれらの操作を、スマートフォンをポケットやバッグに入れたままでできる。

 コンパニオン製品事業部長のステファン・パーソンは「ソニーは最初のブルートゥース・ウォッチを2007年に発表し、すでに3世代目となり、延べ50万人以上のユーザーがいる」と、ノウハウの蓄積についてライバルに対する優位を主張する。

 「ウェアラブル(身体装着)デバイス市場は拡大しており、2016年までに累計4100万個のスマートウォッチが販売されると予想される。ソニーのスマートウォッチ向けには200種類以上のアプリがあり、100万以上がダウンロードされている」

 『SmartWatch 2』は2013年9月から世界市場に投入される予定だ。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top