じゃあ君は何を噛むの? ガムでしょ!……クレイジーガム放送局TVCM[動画] | RBB TODAY

じゃあ君は何を噛むの? ガムでしょ!……クレイジーガム放送局TVCM[動画]

エンタメ その他

じゃあ君は何を噛むの? ガムでしょ!
  • じゃあ君は何を噛むの? ガムでしょ!
  • じゃあ君は何を噛むの? ガムでしょ!
 ロッテは、4月8日にオープンした、ガムに関するユニークで楽しい情報を発信する特設ウェデサイト「クレイジーガム放送局」のTV-CMに、予備校最大手である東進の林修先生を起用し、「噛む」篇(15秒)、「膨らむ」篇(15秒)を、5月3日から放映開始する。

 特設ウェブサイト「CGB」内の動画コンテンツとして、「噛む」篇、「膨らむ」篇に加え、ウェブのみで「ガムガム」篇(15秒、30秒)を、4月22日より公開する。

 「クレイジーガム放送局(CGB)」は、“ふくらまそう、ガムの未来”というキャッチコピーのもと、世界初(!?)のガム専門放送局として、ガムにまつわるユニークで楽しい情報を提供するウェブサイトだ。

 CGBには放送局にちなんだ「スタジオ」「ヘンセイ室」「キカク室」「エントランス」「プロデューサー室」という5つの部屋があり、それぞれガムに関するさまざまなコンテンツが用意されている。

 このCGBの「ヘンセイ室」の目玉コンテンツとして本CMを制作し、CMキャラクターにカリスマ講師の林先生を起用した。

 新CMは「噛む」「膨らむ」「ガムガム」をテーマにした3タイトル。それぞれ林先生の名フレーズ「今でしょ!」をモチーフにしたコミカルな内容で、林先生が黒板に書かれた現代文の例文を、お馴染みの流れるような語り口とともに説明するシーンを通じて、ガムにまつわるユニークで楽しい情報を提供するCGBの面白さ、身近にガムがある楽しさを印象的に訴求する。

 撮影は、林先生の所属先である東進ハイスクールのスタジオで行なわれた。林先生は、ガムで話題作り、情報発信をしたいというCGBの趣旨に賛同し、企画段階から前向きに、撮影にはノリノリのテンションで臨んだ。普段の講義で使う教室での撮影ということもあり、表情や仕草も自然で、当初の予定よりも2時間以上早く、すべての撮影が終了した。NGは台詞を噛んだ一回だけで、ほとんどのテイクが一発OKだったという。

 「ガムガム」篇の撮影中は、ひたすら「ガムガム~」と言い続ける林先生の芝居に、スタッフ一同、笑いをこらえるのに必死。監督のカットが掛かった瞬間、現場は爆笑に包まれた。また、「今でしょ!」と、決め台詞を放つ場面では、自然と“どや顔”になっていた林先生。監督が自分に求めるアクションを理解し、それを即座に芝居に反映して見せる勘の良さと集中力に、スタッフは感心した。


《高木啓》

関連ニュース

特集

page top