【健康博覧会2013 vol.4】ナノミストサウナで子供からお年寄りまでリラックス | RBB TODAY

【健康博覧会2013 vol.4】ナノミストサウナで子供からお年寄りまでリラックス

エンタメ その他

ナノリフレを起動すると数秒後すぐに湿度計の数値あがった
  • ナノリフレを起動すると数秒後すぐに湿度計の数値あがった
  • エステサロンや病院などで使われているという
  • ナノミストサウナを体験できる。ヒノキがよい香りだった
  • コロナのブース
 石油ストーブで有名なコロナは、ナノミスト技術による健康製品を展示していた。ひとつは、「ナノリフレ」という美容保湿器で、もうひつとは「ナノリッチ」というミストサウナだ。

 ナノリフレは、加湿器のようにも見えるが、発生させる水の粒子の大きさが文字通りナノメートルサイズになる点が異なる。ふつうの加湿器や水蒸気が発生する水の粒子は10マイクロメートル程度だが、ナノリフレは10~500ナノメートルと、その差は1/1000から1/200と格段に小さい。粒子が小さければ毛穴はもちろん、肌の角質層へも直接水分が浸透する。

 周辺の加湿だけでなく、顔や肌にあてれば非常に薄い水の幕ができ、保湿効果も期待できるとのことだ。どれくらい加湿効果があるか、展示では湿度計で測っていた。会場の湿度は30%くらいだったが、ナノリフレをONにしてセンサーを近づけると一気に70%まで上がった。

 ナノリフレの機構を大型化してサウナにしたのがナノリッチだ。サウナといっても、低温タイプでかつ中の湿度が高い(乾燥していない)ので、子供やお年寄りにも負担なく、発汗、保温、保湿効果が期待できる。ブースにはナノリフレが稼働展示してあり、実際に中に入って体験できるようになっている。ヒノキの内装で非常に匂いもよかった。

 なお、小型のマイナスイオン発生器は、空気中の水分を利用しているので、イオン状態の持続時間が短いという欠点がある。コロナのナノミスト技術は、タンクの中の実際の水をナノサイズの粒子にしているため、滝などで発生するレナード効果と同じマイナスイオンが発生しているそうだ。
《中尾 真二》

関連ニュース

特集

page top