マルウェア付きのバレンタインスパムは確認されず | RBB TODAY

マルウェア付きのバレンタインスパムは確認されず

 カスペルスキーは、2013年1月度の「スパムレポート」を発表した。1月のスパム総数は予想されていた通り、正月休み後の一時的な休止期間の影響を受けて減少した。

エンタープライズ セキュリティ
(イメージ)
  • (イメージ)
株式会社Kaspersky Labs Japan(カスペルスキー)は2月28日、2013年1月度の「スパムレポート」を発表した。レポートによると、1月のスパム総数は予想されていた通り、正月休み後の一時的な休止期間の影響を受けて減少した。1月中旬には、バレンタインデーと国際女性デー(3月8日)というイベントにつけこんだ今年最初の大量メールが確認された。このようなメールはクリスマスや正月をテーマにしたメールの数より少ないものの、製品やサービス広告が非常に多様であった。

一方、毎年恒例の(バレンタインカードを装ったマルウェアの添付された)バレンタインデー・スパムは発見されなかった。例年、バレンタインデーがらみの広告は2月初旬にピークを迎える。1月は、スパムトラフィック内のフィッシングメールや悪性メールの数は引き続き低減した。しかし、オンライン予約サービスの人気につけ込んだクレジットカードの情報を盗む手口は盛んに用いられた。すべてのメールトラフィックにおけるスパムの割合は12月から7.7ポイント減少し月平均58.3%、フィッシングメールの割合は12月から半減して0.003%、検出された悪質なファイルの割合は12月から0.15ポイント減少し3.0%となった。

マルウェア付きのバレンタインスパムは確認されず--スパムレポート(カスペルスキー)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top