富士通、「FUJITSU DataPlaza ソーシャルメディア分析ツール」提供開始 | RBB TODAY

富士通、「FUJITSU DataPlaza ソーシャルメディア分析ツール」提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

画面イメージ
  • 画面イメージ
  • 機能概要
  • サービスの活用例
  • 販売価格、および提供開始時期
 富士通は30日、ソーシャルメディアデータを収集・解析・分析する機能を提供するクラウドサービス「FUJITSU DataPlaza ソーシャルメディア分析ツール」の提供を開始した。

 「FUJITSU DataPlaza ソーシャルメディア分析ツール」は、Facebook、Twitter、ブログ、掲示板などのさまざまなソーシャルメディアから、消費者の声を収集・分析するクラウド型のツール。分析機能としては、指定した検索ワードの出現数をカウントし、時系列のグラフを表示させることができるほか、指定した検索ワードの発信者の属性別(年代、性別)や地域別にグラフ表示させることも可能。

 そのほか、発信内容をポジティブ・ネガティブの観点で評価・カウントしたり、指定した検索ワードがどのようなワードで話題になっているかを分布で表示することもできる。Twitterについては、発信情報がどれだけの人に届いているかをフォロー関係から計算し、グラフ表示で把握することも可能(オプションサービス)。

 分析対象は、Facebook、Twitter、各ニュースサイト、国内主要ブログなどで、過去13ヶ月前からのソーシャルメディアデータが対象となる。価格は、初期導入サービスが10万円(一括)、月額利用サービスが8万円~(月額)となる。ツール操作トレーニング、分析観点アドバイス、レポーティングの支援や、社内データと組み合わせた分析の支援などは個別見積。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top