『凶悪』映画化、キャスト発表 | RBB TODAY

『凶悪』映画化、キャスト発表

エンタメ 映画・ドラマ

『凶悪』 -(C) 2013「凶悪」製作委員会
  • 『凶悪』 -(C) 2013「凶悪」製作委員会
警察も知らない殺人事件を、死刑囚の告発を頼りに一人の雑誌記者が明るみに出し、首謀者逮捕に至らせたという実在の凶悪殺人事件を題材としたベストセラーの映画化『凶悪』。このたびこの骨太な衝撃作に挑むキャストが解禁となり、山田孝之、リリー・フランキー、ピエール瀧という異色の3人が競演を果たすことが明らかとなった。

若松プロダクション出身、白石和彌監督の長編デビュー作となる本作。「明朝24」編集部に突如舞い込んだ、とある死刑囚からの一通の手紙をきっかけに物語は幕を開ける。そこには驚愕の内容が記されていた。「自分が犯した事件のほかに、数々の殺人事件が存在している。さらに、“先生”と呼ばれる事件の首謀者はまだ娑婆にいる―。」果たして、死刑囚の言葉は真実なのか? “先生”とは何者なのか? 事件に取り憑かれたかのように真相を求める雑誌記者・藤井が辿りつく先に待つものとは?

主人公である、事件の真相を追う記者・藤井役には若手実力派俳優・山田孝之。そして物語のすべての始まりでもある、獄中から衝撃の告白を展開し、藤井と未解決事件の接点を見出す死刑囚・須藤役には大人気テクノバンド「電気グルーヴ」のメンバーで、俳優やタレントとしても活動する、ピエール瀧が演じる。そして、須藤によって告発された殺人事件の首謀者と目される、先生(役名:木村)を演じるのは、イラストレーター、文筆業、俳優など多種多彩なジャンルで活躍するリリー・フランキー。狡猾な知能と狂気を併せ持ち、金のためにいとも簡単に殺人を犯す、悪の権化ともいうべき絶対的“凶悪”を怪演する。人が持つ善悪の境界線を崩壊させていく姿は、『ダークナイト』のジョーカーをも彷彿とさせるという。

今回の発表を受け、山田さんと瀧さんは「人間誰しもが持つ二面性を、リアリティをもって伝えることができればと思っています。また、この作品には無視することのできない要素がたくさん含まれていると思っています。エンターテイメントとしてだけで終わることなく、観た方それぞれが、今自分が置かれている環境や社会について考えるきっかけとなれば嬉しく思います」(山田さん)、「人殺しで死刑囚の役と聞き、『須藤という人物と同じ気持ちになることはできない』と正直に思いました。ですが、監督から強い覚悟と決意を感じたので、この作品に参加させていただきたいと思いました」(瀧さん)と作品に込めた想いを明かす。さらにリリーさんの「木村役を演じることにひどく消耗しました。木村という人物を『殺人を犯すことを何とも思わず、お金がなくなることへ恐怖を感じている人物』と理解していましたが、この役を演じることは本当に疲れました」というコメントが、本作で語られるテーマの重厚さを伺わせる。実在の事件を描くとあって、かなりセンセーショナルな作品となることは間違いなさそうだ。果たして、山田さん、瀧さん、リリーさんの3人は本作でどんな化学反応を見せるのか? 期待が高まる。

『凶悪』は2013年秋、全国にて公開。

(C) 2013「凶悪」製作委員会

山田孝之×ピエール瀧×リリー・フランキー競演!骨太な衝撃作『凶悪』、秋に公開

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top