受刑者が受賞 『塀の中のジュリアス・シーザー』 | RBB TODAY

受刑者が受賞 『塀の中のジュリアス・シーザー』

 第62回ベルリン国際映画祭にて金熊賞(グランプリ)を受賞した、パオロ&ヴィットリオのタヴィアーニ兄弟が手がけた『塀の中のジュリアス・シーザー』が…

エンタメ 映画・ドラマ
『塀の中のジュリアス・シーザー』 -(C)  2011 Kaos Cinematografica - Stemal Entertainment- LeTalee Associazione Culturale Centro Studi
  • 『塀の中のジュリアス・シーザー』 -(C)  2011 Kaos Cinematografica - Stemal Entertainment- LeTalee Associazione Culturale Centro Studi
第62回ベルリン国際映画祭にて金熊賞(グランプリ)を受賞した、パオロ&ヴィットリオのタヴィアーニ兄弟が手がけた『塀の中のジュリアス・シーザー』が1月26日(土)より公開となる。このほど、本作で囚人役を演じた現在も服役中の“本物の囚人”が、パームスプリングス国際映画祭で国際映画批評家連盟賞・外国映画最優秀男優賞に輝くという異例の結果が発表された!

イタリア、ローマ郊外にあるレビッビア刑務所。ここは毎年演劇実習所として、一般観客へ向けて舞台劇が披露されている。今年はシェイクスピアの「ジュリアス・シーザー」が演じられることになり、出演者のオーディションが行われる。ブルータスが、シーザーが、キャシアスが、次々と決まってゆき、所内のあちこちで稽古が始まる。練習を繰り返すうちに次第に役と同化していく囚人たち。そして、いつしか刑務所全体がローマ帝国へと変貌していくのだった…。

先日カリフォルニア州で行われた、第24回パームスプリングス国際映画祭にて受賞となったのは、サルヴァトーレ・ストリアーノ(ブルータス役)、コジモ・レーガ(キャシアス役)、ジョヴァンニ・アルクーリ(シーザー役)の3人。その内、コジモは殺人罪により終身刑、ジョヴァンニも麻薬売買により2001年に収監され17年の刑期が課せられている本物の受刑者だ。そもそものキャスティングが意外過ぎるが、さらに受賞まで果たしてしまうというこの異例の事態。“本物”だからこそ出せる味というのは侮れないものだ。

ぜひ、その目で彼らの熱演を味わってみてはいかがだろうか。

『塀の中のジュリアス・シーザー』は1月26日(土)より銀座テアトルシネマほか全国にて公開。

終身刑&禁錮刑17年の“本物の囚人”が最優秀男優賞を受賞!?

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top