NTTドコモ、防犯ブザー搭載でアプリ利用に配慮したジュニア向けスマートフォン「SH-05E」 | RBB TODAY

NTTドコモ、防犯ブザー搭載でアプリ利用に配慮したジュニア向けスマートフォン「SH-05E」

 NTTドコモは10日、ジュニア向けのスマートフォン「スマートフォン for ジュニア SH-05E」を発表。安心・安全なコンテンツ・アプリ利用に配慮した。2月上旬発売予定。

IT・デジタル スマートフォン
ジュニア向けの「スマートフォン for ジュニア SH-05E」
  • ジュニア向けの「スマートフォン for ジュニア SH-05E」
  • 裏面
 NTTドコモは10日、ジュニア向けのスマートフォン「スマートフォン for ジュニア SH-05E」を発表。安心・安全なコンテンツ・アプリ利用に配慮した。1月下旬より全国のドコモショップにて事前予約を開始し、2月上旬発売予定。

 「スマートフォン for ジュニア SH-05E」は、ジュニア向けにコンテンツやアプリ利用に制限がかけられているモデル。spモードフィルタで有害サイトをブロックでき、アプリのダウンロードも制限される。具体的にはspモードメール、しゃべってコンシェル等、NTTドコモ側の指定するアプリケーションのみが利用可能で、Google Playからのダウンロードは不可。Googleマップ、Gmailなども利用できない。

 また、電話帳に登録した相手だけに電話やメールができるように制限する機能や、深夜利用・使いすぎを防ぐ利用時間制限機能・通話時間制限機能も搭載している。防犯ブザーも装備しており、サイドボタンを長押しすると、防犯ブザーと連動してあらかじめ登録しておいた連絡先(1件)へ自動で発信する。IPX5、7/IP5X対応で防水・防塵機能も備える。

 そのほか「スマートフォン for ジュニア SH-05E」向け「dメニュー」が提供され、天気コーナーや、「ドコモゼミ」との連携で小中学生コースで実際に学習できる問題が毎日出題されるコーナーなど、子供が安心して楽しめるサイトなどを集めている。

 端末は「AQUOS PHONE si SH-01E」がベース。液晶は4.1インチ(960×540ピクセル)で、OSはAndroid 4.0。CPUは1.5GHzデュアルコア、RAMが1GB、ROMが8GB、カメラはアウトカメラが1,210万画素CMOS、インカメラが32万画素CMOS。通信はXi/LTE/HSDPA/HSUPA対応だが、Wi-Fiには非対応となっている。「iDTM」および「楽天Edy」など一部のおサイフケータイに対応する。

 本体サイズは幅117mm×高さ63mm×奥行10.6mm、重量は120g。バッテリ容量は1660mAhで、連続待受時間は3Gで450時間、LTEで290時間、連続通話時間は3Gで370分。

 また、「スマートフォン for ジュニア SH-05E」のユーザー向けに、新たなXiパケット定額サービス「Xiパケ・ホーダイ for ジュニア」を提供する。定額料が月額2,980円のフラット型のパケット定額サービスだ。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top