NTT西日本、フレッツ光料金サービスを値下げ | RBB TODAY

NTT西日本、フレッツ光料金サービスを値下げ

 西日本電信電話(NTT西日本)は、現在約740万以上の利用者がいる光ブロードバンドサービス「フレッツ光」(インターネット接続サービス)の料金サービスを充実・強化、12月1日より「光もっと2割」などの提供を開始する。

ブロードバンド 回線・サービス
「光もっと2割」適用時の月額利用料イメージ
  • 「光もっと2割」適用時の月額利用料イメージ
  • 本割引適用時の月額利用料及び割引額。「フレッツ 光ネクスト スーパーハイスピードタイプ 隼」と本割引を月初日に新規同時に申し込んだ場合。
  • 「フレッツ 光ライト マンションタイプ」における「フレッツ・あっと割引」適用時の月額利用料改定イメージ
  • 「フレッツ 光ライト マンションタイプ」における「フレッツ・あっと割引」適用時の月額利用料
 西日本電信電話(NTT西日本)は、現在約740万以上の利用者がいる光ブロードバンドサービス「フレッツ光」(インターネット接続サービス)の料金サービスを充実・強化、12月1日より「光もっと2割」などの提供を開始する。

 新たな長期継続利用型割引サービス「光もっと2割」(「2」は二乗。光もっともっと割)は現在提供中の「フレッツ・あっと割引」「フレッツ・ずっと割引」「光もっと割引」に代わる、新たな長期継続利用型割引サービスだ。

 「フレッツ光」の利用年数に応じて月額利用料を割引くことで、現在提供中の「フレッツ・あっと割引」「フレッツ・ずっと割引」「光もっと割引」の料金サービスの適用後料金より、利用しやすい月額利用料となる。

 「フレッツ 光ネクスト ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼」を利用して、本割引を申し込んだ場合、月額利用料が通常料金より1155~1879.5円安くなる。

 また二段階定額サービス「フレッツ 光ライト マンションタイプ」(インターネット接続サービス)における「フレッツ・あっと割引」適用時の上限料金を12月1日より、さらに630円割引する。本割引により、「インターネット利用量の多い月がある」というユーザーにも、利用しやすい月額利用料となる。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top