ビックカメラと野村総研、購入履歴・位置・天候などに応じてクーポン自動配信する実験開始 | RBB TODAY

ビックカメラと野村総研、購入履歴・位置・天候などに応じてクーポン自動配信する実験開始

 ビックカメラと野村総合研究所(NRI)は14日、スマートフォンを活用し、ユーザーの購入履歴・位置情報・天候などに応じたクーポンを、自動的に配信する実証実験を行うことを発表。同日より、ビックカメラは参加者の募集を開始している。

エンタープライズ モバイルBIZ
配信されるクーポンのイメージ
  • 配信されるクーポンのイメージ
  • 配信されるクーポンのイメージ
  • 最適なクーポンをプッシュ配信する具体例
 ビックカメラと野村総合研究所(NRI)は14日、スマートフォンを活用し、ユーザーの購入履歴・位置情報・天候などに応じたクーポンを、自動的に配信する実証実験を行うことを発表。同日より、ビックカメラは参加者の募集を開始している。実験期間は11月19日~2013年1月31日。

 ビックカメラでは、これまでビックポイントカード会員情報を活用し、購入履歴を確認しての商品の提案、製品安全情報(リコール情報等)の配信などを行っている。今回新たにクーポンを活用した、O2Oによるビジネスモデルを検証する。インターネットショッピングサイト「ビックカメラ.com」会員で、ビックカメラ店舗で利用できる「ビックポイントカード」との共通利用手続きを行っており、過去10年間に「ビックポイントカード」を利用して対象店舗で買物をしたことがある人が対象。

 この実験では、池袋本店/池袋本店パソコン館/池袋西口店において、スマートフォンアプリ「ビック・スマートクーポン」を活用しクーポンを配信。気象庁発表の翌日の降水確率が80%以上の場合に「降水確率コラボクーポン」、過去10年間にプリンターを購入した人を対象に「プリンターインククーポン」が発行される予定。

 なお今回の実験では、最適なタイミングで最適な内容のクーポンを配信するNRIの独自技術「おもてなし」最適化エンジンが活用されているとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top