無害な標的型メールを実際に送信する「訓練サービス」を開始 GSX | RBB TODAY

無害な標的型メールを実際に送信する「訓練サービス」を開始 GSX

 GSXは、社員のセキュリティ意識を高め、ひとりひとりの判断力を底上げする「標的型メール訓練サービス」の提供を開始した。

エンタープライズ セキュリティ
「標的型メール訓練サービス」のイメージ
  • 「標的型メール訓練サービス」のイメージ
グローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)は11月8日、社員のセキュリティ意識を高め、ひとりひとりの判断力を底上げする「標的型メール訓練サービス」を同日より提供開始したと発表した。本サービスは、セキュリティ教育・研修の一環として、標的型攻撃メールを模擬した無害のメールをユーザ(一般社員)に送信するというもの。添付ファイルやURLリンクを開いたユーザは、攻撃メールの危険性や具体的な注意点を教える教育コンテンツ(Webページ)に誘導され、適切なセキュリティ教育が実施される。

これにより、実際に標的型メール攻撃にあった際のリスクを確実に低減することができる。また、訓練メールを誤って開いたユーザやその日時を個別に特定でき、訓練メールの内容、教育コンテンツの内容などをはじめ、実施内容全般にわたり柔軟なカスタマイズ対応が可能。さらに、GSX側で訓練メール送信サーバや、教育コンテンツを準備するため、準備工数や手間を最小限に抑え素早く実施できる。実施内容全般におけるコンサルテーションや各種雛形も提供される。価格は1,500,000円からだが、対象規模と実施内容による見積となる。

無害な標的型メールを実際に送信する「訓練サービス」を開始(GSX)

《吉澤亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

特集

page top