総務省、1.7GHz帯利用に関する調査結果を公表……イー・アクセス、ドコモ、KDDIが利用希望 | RBB TODAY

総務省、1.7GHz帯利用に関する調査結果を公表……イー・アクセス、ドコモ、KDDIが利用希望

ブロードバンド 回線・サービス

各者の回答の概要
  • 各者の回答の概要
  • 周波数の移行・再編サイクル(「周波数再編アクションプラン」平成23年9月改定版より)
  • 各周波数区分における具体的取組(「周波数再編アクションプラン」平成23年9月改定版より)
 総務省(総合通信基盤局)は26日、周波数再編アクションプランにおいて、1.7GHz帯に関し5MHz幅×2の周波数帯(1744.9~1749.9MHz/1839.9~1844.9MHz)について、イー・アクセス、NTTドコモ、KDDIおよび沖縄セルラー電話の3者から回答があったことを発表した。

 この調査は、同周波数帯のニーズを把握するため、9月28日から10月11日までの間、調査を実施したもの。3者ともに、1.7GHz帯の利用を希望し、3.9世代移動通信システム(LTE)技術での利用を想定している。

 具体的には、「競合他社と同等な高速サービスの全国展開や、本年度中にトラヒック増加への対応が困難になるため、利用が必要不可欠」(イー・アクセス)、「高トラヒックエリアにおけるデータトラヒックの急増状況が、今後も継続することが予測されるため、早期の周波数利用を希望」(ドコモ)、「データ通信トラヒックの需要増に対処し、かつ携帯電話の高速ブロードバンド時代に備え、より高速でより円滑な移動体データ通信を実現するため」(KDDI)などの回答が寄せられている。また高速化の計画としては、いずれも75Mbps以上の高速化を実施するとしている。

 今後は、周波数再編アクションプランを踏まえ、他の周波数帯についても同様の調査を実施する予定とのこと。総務省では、2.5GHz帯広帯域移動無線アクセスシステム(BWA)の利用に係る調査も同日より開始している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top